すぐに会おうと誘ってはいけない

あなたはネットで知り合ったよく知らない相手から「今から会わない?」と誘われて「いいよ」とはなりませんよね。
男性でさえよく知らない相手から何の目的で会うのか分からないのに誘われたら警戒して誘いに乗らない人が多いでしょう。
カカオトークでは出会う事を目的にした場所なので目的は明確です。
しかしそれでも相手が女性であればネットでまだよく知らない男性からすぐに会おうと誘われたら警戒して断るのは当たり前です。

それは女性の方が男性よりも腕力がないので、万が一女性が断っても相手が無理やりレイプしてしまう可能性はゼロではありません。
また最悪の場合はそのまま監禁されてしまったり、殺害されてしまったりする可能性もあります。
そんなのニュースでごくたまにあるけど自分がそんな事件に遭遇するわけがないと思うかもしれません。
しかしそれは事件にあった全ての女性がそう思っていたはずです。
自分が事件に巻き込まれるなんて誰もそんな事は思っていないのに巻き込まれてしまったのです。

女性は警戒心で自分を守っているわけですから、警戒心を解く時間もかけずにすぐに会おうと誘ったところでOKの返事がもらえるわけがありません。
10人の相手にすぐに会おうと誘って断られるぐらいなら1人の相手に10回メールのやり取りをして自分の事を知ってもらう努力をしましょう。
相手が安心するまでメールのやり取りに付き合って、必要であれば会う前に電話をして自分の事を理解してもらいましょう。
相手の女性はカカオトークのメールに返信をしてくれた時点である程度相手の好みのタイプに該当しているはずなのです。
ですから時間をかければ会える可能性はあるので、ここで焦って失敗するよりも、焦らずゆっくりアプローチをして成功して出会う方がよほど短時間で出会えるはずです。
そもそも日常生活の中でも知り合った相手とすぐにデートなんて展開にはなりませんよね。
デートに誘えるようになるにはまず普通に会話を楽しめるようになり親しくなってからです。
ネットでも親しくなる事が先決だと焦らず距離を縮めていきましょう。

モテテク

オタク界隈で不動の人間を誇る「ツンデレ」キャラ。そして男性の眼を捉えて離さない「チラリズム」。
世界で最も有名な少女と称される画家フェルメールによる「真珠の耳飾りの少女」。
この三つには男心をくすぐる魅力が潜んでいます。
一見すると、まったくの無関係に見えるこれらですが、これらには「コケットリー」という魅力が存在しています。
コケットリーとは、女性特有の艶めかしさや媚態、色気のことを指した言葉です。

ドイツの社会学者であるゲオルグ・ジンメルの分析を参考にすると、コケットリーとは歓迎と拒絶という正反対の態度を同時に行うことでかもし出される魅力だといっています。
男性からすると、誘いに二つ返事で応じられると、その女性を安く見る傾向があり、またかえって拒絶をされると諦めの感情が強まります。
そこでコケットリーのように歓迎されているのか拒絶されているかが曖昧な態度は、男性にとって魅力的に捉えられるのです。

「ツンデレ」「チラリズム」「真珠の耳飾りの少女」には、コケットリーが実に巧みに存在しています。
ツンデレとは、一見すると反抗的な態度ですが、それが実は好意の裏返しという、まさにコケットリーといえるのです。
チラリズムに関しては、すべてを見せずに、少しのものを一瞬だけ見せるという点で、コケットリーに繋がる魅力があります。
真珠の耳飾りの少女に関しては、背中を向けて視線だけを投げかける、背を向いているのか見詰めているのか、その真意が曖昧で不安定な心地にさせられるという魅力があります。

しかし、コケットリーは、現在では女性自身からは減少傾向にある魅力だといわれています。
男性と女性とがほぼ同じように社会進出をしている最中に会って、女性が男性により魅力的に自分をアピールして見せることをする必要がなくなったのです。
最近では、肉食女子やおっさん化、ヒモノ女など男性的な女性が多い風潮にあります。コケットリーのように、女性特有の魅力がなくなることは、少し寂しくもあります。

ポイントを消費しなくても楽しめる?

今使っているサイトのいいところを述べるとしたら、やっぱり無料というところでしょうか。
無料出会い系サイトが無料で利用できるのは広告のおかげだと思いますが、たまには広告がじゃまに感じる時もあります。
それ以外は、やっぱり有料サイトで今月いくら使ったんだろうという不安がないので無料サイトは使いやすいと思います。
無料サイトと聞くと、なにもかも無料という気がしていたのですがサイトによっては、一定のサービスの利用は無料でそれ以外のサービスを使うには有料になるというシステムのところがあるので注意が必要です。
サイトとしては、利用してもらうことが大切ですから、利用者が飛びつきやすいように無料で利用できるということを大々的にプッシュしてくるはずです。
利用者も、てっきりなんでも無料で利用できるのかと思っちゃうくらいです。
ただ、有料サービスも最初はお試しポイントで利用できることもあるので、気になる人はお試しポイントを使ってみるといいでしょう。上手に使えば、結構楽しめます。
有料サイトで気を付けたいのが、サクラですね。サクラはメールをいっぱい送ってきたりするのですが、会うことは絶対にありません。
サクラの目的はポイントを使わせること、仲良くなりたいとかは思っていません。だけど、メールの内容は色っぽかったりするから、これまた惑わされる男性も多いのです。
下心を利用してポイントを消費させようとしているのですから、当然と言えば当然です。
いきなり会えそうなメールは要注意ですね。ただ、たまに本物もあるからこれまた悩ましいところなんですよね。

メールに書くのは未来の自分

出会い系サイトで出会いを手に入れるには、メールを書くことが重要とされています。
そして、そう思うあまりに事実とは違うことを書いて相手の興味をひこうとして、失敗するケースもあるようです。
とにかくメール交換が続かなければ、その延長線上の会うということは実行されませんから、メールが面白くなければならないの事実です。
しかし、メールフレンド止まりの関係で満足なら、それでいいのですが実際に会うということを少々失念している人が多いのかもしれません。
ここさえ切り抜ければ、あとはなんとでもなる。とにかく会うことが最重要項目としてしまうと、最悪会うことはできてもその先が続かないことは予想されます。
なぜなら、メールの内容とあまりにも違う人物がきたら、誰だって「あれ?」って思うはずです。メールではあんなに面白かったのに、話してみるとそんなに面白くないし、すごくいろんなこと知ってる感じだったのに、話題もそんなに豊富じゃない、とだんだんとマイナス点を付けられて最終的にはなんの魅力もメリットも感じられない人で終わってしまうのです。
だったら、面白い話もできない、話題も少ない地の自分をさらけ出せばいいのかというと、そんな魅力のないメールは当然誰も見向きもしません。
困りました。本当のことをかけば、肝心のメール交換が続かず。少々脚色したメールを書けば、実際に会った時に幻滅されてその後が続かない。
一体どうすればいいのでしょうか。
ローマは1日にしてならずといいます。まずは自分磨きを始めましょう。話題が少ないと思うなら増や努力をしましょう。どうせ嘘をつくのなら、実際に会うその日までにそうのような人間になってしまいましょう。
読書をしたり、旅行をしたり経験を人を豊かにします。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.